Hatena::Groupsirennt

SDBの日記

2008-07-21

犀賀が気になる

06:07

ということで、エピソード9を遊びました。

ゲームに慣れてきたせいもあるのか、比較的あっさりしたエピソードでしたね。


今回はちょっとアーカイブに注目してみたいと思います。

グループの掲示板のほうにも書きましたが、

エピソード0やハワードのブログとリンクするものがいよいよ出てきて、

断片的なパズルのピースがゆっくりと繋ぎ合ってきた気がします。


この感覚は「SIREN」の大きな魅力のひとつですよね。


その一方で、犀賀に関しては情報は増えるのですが、

何かこう、確信めいたものがまだ見えてきていない気がします。


彼は「1」で言うところの牧野&宮田的立場なのは間違いないとは思うのですが、

彼らの関係や行動もまた複雑なものだったので、

犀賀には、まだ何か隠されたものがあると思うんですよね。


外人取材陣にはない影を、彼が一身に背負っている気がします。

そういう意味でも、個人的に今回いちばん

気に入っているキャラクターかもしれません。


さて、明日はいよいよ伊東家の食卓本番のようです。

昨日の日記では早とちりしてしまいました。

というか、明らかに昨日の予告編は制作者の引っかけですよね!

sirloinsirloin2008/07/21 23:45犀賀は謎ですねえ。アマナのほうがわかりやすい。
どうもアマナとは違う思惑を持っているようですが……。
儀式の成就を望んでいるわけでもなさそう。むう。

2008-07-20

アメリカンな人々

06:26

注目の「2回目」の物語が始まりました。

アマナの思惑なのか、少し違う展開になっていますね。


今回は全編、ソル大活躍だったので、

そのあたりはsirloin氏の日記に任せちゃいます。


そしてゲームの難度のほうも、上がってきました。

アーカイブ取得方法もかなり困難で、今回は苦労しました。

正直、ネットの情報がなければ分からなかった部分もあります。


ようやく手に入れたゲーム&ウォ……粘菌は、

自分ぐらいの年の人間には、何とも言えず懐かしい、

ステキアーカイブでした。


さて、今回個人的に印象に残ったシーンは、

ラスト周辺のメリッサ達が車に乗り込む下りです。


ピンチにエンジンのかからない車、

「動け動け」のセリフは、ホラーの基本ですよね。


あと「保険料」のセリフは、いかにも外国の人っぽくてニヤリとしました。。

ハワードが銃を改造し試し撃ちしたときの口笛に次ぐ、

自分の中のベストアメリカンテイストシーンです。


明日はどうやら、伊東家の食卓のシーンが見られるようです。

「1」の前田家は、相当悩まされたので、

今回も心してかかろうと思います。

2008-07-19

ハワード・ライトの建もの探訪

12:47

エピソード7は、みっちり屍人の巣で堪能しました。


パトカーやバスの組み合わさり方や、

家の外だか中だか分からなくなる構造。

よくぞまあ、こんなマップを作れたものです。


やはり、背景の看板や文字が鮮明になったことで、

「1」のときとは、また違ったリアリティですね。

かつて香港にあった九龍城を彷彿とさせます。

屍人がいないのなら、ぜひ一度行ってみたいですね。


そして物語は、大きな転換を迎えました。

禁断のリセットというか、リテイクというか。


本作には、これまでのシリーズにあった

同一面での「第二条件」クリアーはありませんが、

こういった形で再構成した、といったところでしょうか。


しかし、過去の記憶が戻ったアマナは、

「1回目」の結末の何が気に入らなかったのでしょう。

ハワードに何かやらせようとしている?


まだまだ、物語に謎は多いですが、

とりあえず明日始まる「2回目」を楽しみにしつつ、

今日もまた、0時を待とうと思います。

2008-07-18ソル≒美浜≒みっちゃん

今日のエピソード6では、ソルが大活躍でした。

ソル好きのsirloin氏も喜んでいることでしょう。


しかしあのポジションを見ると、ソルは「1」の校長だけでなく、

美浜奈保子の役割も担っているのかもしれませんね。


その美浜ですが、テレビレポーターという役割を考えると、

公式サイトから飛べるエピソード0に出ている、

豊島みちことも存在がダブるという意見が、

ネットで少し話題になっていました。


その豊島みちここと、みっちゃんは、

昨晩の羽生蛇村ライブカメラで、嶋田習次屍人から、

必死で逃げていた映像が目撃されていたりします。


この、いろんな情報が錯綜し、全体を作り上げている感覚は、

ダウンロード版プレイヤーだけの特権かもしれませんね。

1日ワンエピソードというのは、もどかしくもありますが、

妄想を24時間展開できるのは、楽しくもあります。


さて、明日のエピソード7の予告では、

どうやら「1」にも出た屍人の巣らしきものが見えました。


個人的に「1」の屍人の巣のマップは、構造的にもビジュアル的にも、

ゲーム史に残る名マップだと思っているので、

いまからワクワクが止まりません。

2008-07-17

さよなら絶望先生

05:59

エピソード5でいちばん印象に残ったのは、

犀賀医院でメリッサが頭脳屍人を見たときの、

「こんなんばっかでもうやだ」な表情でした。


それはともかく、徐々に難しくなってきました。

アーカイブの取得もだんだん込み入ってきて、

見落としがないかドキドキです。


そして、次回予告がヤバイですね。


記憶を取り戻したのか、雰囲気の違うアマナ

何者かに撃たれた美耶古

教会の前のベラ……。


SIREN」のデジャヴのようでありながら、やはりどこか違う。

既視感と違和感が入り混じるような感覚です。


あと、犀賀先生のあの行動はちょっと驚きでした。

誰よりも強そうな人だと思っていたですが。


冷静でいて、それでもどこか狂っているようなあのキャラクターは、

ちょっと他にはないカッコよさですね。

幸江さんが屍人になってまで惚れ続けるのも分からんでもありません。